ふんばろう東日本支援okayama報告7/8

鈴木です。

すばらしいホームページを作ってくださった京極さん、大浦さん、感謝します。

城さんのような大きな活動ではありませんが、この場を利用させて下さい。救援物資や送付支援金がカトリック教会だけではなく、プロテスタント教会や市民からも届いていますので、カトリック教会内で報告した簡単な資料を提示します。

かなり長文となり、恐縮します。次回からは工夫します。

 

●活動報告1 2011 6/5 

  ★私たちの行動は、顔と顔をむすんでの、きめ細かな支援です★

 現地で被災し苦難にある方々、仲立ちをし情報を送って下さるボランティア、後方で支援物資を調達し発送する全国のボランティア、三者が結ばれています。

大きな支援センターには、物資の仕分けができず山積みして置かれてある一方、幹線から離れた所特に流失を免れた個人宅や集会所に肩を寄せ合って避難している所には、

まだ食べ物さえが行き届いていない状態です。また、義援金は、配分基準問題や行政の不備のため3割程度しか配分されておりません。

現地の不案内で起こるこのようなミスマッチを無くし、必要な所へ必要な物を緊急に届けるために生まれたのが、このネットワーク支援です。

情報源は、早稲田大学の西條剛央先生(仙台市出身)が開いた「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を中心に、私たち「岡山野宿生活者を支える会」(岡山教会支援)が所属する「ホームレス支援全国ネットワーク」の現地情報によっています。後者の「仙台ワンファミリーグループ」は、いち早く地震の翌日の12日から現地で炊き出しを始めました。

個人的にも支援できますので、インターネットのできる方は、ふんばろうのホームページ「http://fumbaro.org/をご活用下さい。

なお、通信販売会社「アマゾン」からも自分が注文し、被災者へ配送できます。

 

★「ふんばろう東日本支援Okayama」開設後、5月末までに支援した宛先 

・宮城県石巻市避難個人宅(家全壊。15人が生活。現金無し)    

・岩手県大船渡市避難個人宅(6人、うち子ども2人。支援物資届きにくい)

・宮城県気仙沼市避難個人宅(5人。食料無し)

・宮城県気仙沼市避難個人宅(自宅全壊・半壊。8世帯うち子ども

3人。水道ダメ)

・宮城県石巻市避難個人宅(半壊した建物の2階へ10数世帯、ガ

スダメ、電気一部。孤立地帯)

・宮城県石巻市避難個人宅(家全壊。4人うち子ども1人。水道ダメ)

・宮城県仙台市小学校避難所(約200人。電気ガス水道一部復旧)

・宮城県気仙沼市地区避難所(30世帯83人。高齢者多し)

・岩手県陸前高田市公民館(家全流失した6世帯30人、うち子ども5

人。5月末まで寝具は座布団と毛布。水道一部。支援少なし)

・宮城県東松山市地区避難所(11世帯。うち幼児3,小1が1、

寝たきりの方1人。食事は市からの配給)

・宮城県石巻市避難個人宅(町の70%流失。高台にある50世帯

へ約150人。5/30段階で配給は週3回、おにぎり2個。食べ物が

無い)

 

現在まで、配送した救援物資内容 

食料:米120kg、缶詰60個、レトルト食品3袋、天然水200cc18

本、醤油4瓶、各種茶5袋、チョコビスケット22箱、お菓子5袋、イ

ンスタントコーヒー1瓶。

生活用品:毛布4枚、シーツ4枚、タオル95枚、バスタオル10枚、男性衣料2着、女性衣料4着、ボックスティッシュ25箱、ウエットティッシュ32箱、ゴミ袋200枚、座布団13枚、絵本2冊。

その他、包装のすき間に入れた小物:石けん、ひげ剃り、歯ブラシほか多数

※ 全部で16個の段ボールや布団袋を発送しました。

 ★会 計 報 告 

  ・総献金額 7万300円   

  ・総支出額 4万8690円(送料3560円、支援物資購買17982円、包装用品148円。なお送料の1回平均は1910)

  ・繰越額 2万1610円 

被災者の現状:行方不明8343名 避難者99592名 死者15327名(6/2

 

●活動報告2 2011 6/29

 ~顔と顔の向き合った、手から手への、きめ細かな支援~

現地の隅々まで入って行き、被災者の必要物資を把握する人、その

情報を整理し、インターネットツイッターで全国へ配信する人、

要な支援物資を全国から個別被災者へ発送する人、およそ5百人から 

6百人のボランティアで運営されています。

 

 お礼の返事が、礼状や電話等で来ています。3つだけ紹介します 

★(南相馬市Tさん避難宅)「支援物資届きました。事務局の方々や物資を送って下さった方々の善意の心、とても嬉しく涙がとまりませんでした。人の優しさ、人とのつながり、感謝です。ありがとうございます。避難時は雪が降りとても寒かったですが季節はもう夏をむかえようとしています。私の住んでる地域は原発の影響で稲作が出来ません。そこに向日葵の種を蒔き、元気になろうとしています。復旧はまだまだ厳しい状況ですが、皆様の支援のもと頑張ってます。自宅から何も持ち出せないままでの避難生活ですので、可能であれば引き続き支援をお願いいたします。311日、大震災が、津波が、原発の放射線が、私達に恐怖と一緒に襲い掛かりました。当時自宅にいた娘は津波を目の当たりにし、心に深い傷を負いました。津波によりライフラインを失い、避難所を転々としました。認知症の父と、持病のある娘との避難所生活は予想以上に大変でした。避難所から地元に戻りましたが、原発から20km圏内にある自宅には立ち入ることさえ出来ません。原発により職を失い、農業を営んでいた夫も農地が津波により塩田となり、警戒区域の為、なすすべもなく、収入が無くなりました。当初は支援物資の支給がありましたが今は全くありません。どうか支援をよろしくお願いします」

★(気仙沼市魚町Kさん避難宅)「拝啓、気仙沼にも初夏が知らずと訪れました。いろいろな物資を送って下さり心から感謝しております。気仙沼が港町として復興する事が支援して下さった皆さまへのご恩返しとさせて頂きたいと日々過ごしております。書面にてお礼申し上げます。敬具」

(南相馬市長 桜井勝延さん)「この度は心温まるご支援を賜り厚く御礼申し上げます。被災者の方々は東京電力福島第一原発事故の収束を願いながら不安な日々を送っております。このような中、今回のご支援は被災者の体と心も温かくなったものと思います。すでに震災から3ヶ月が経過し長い期間となっておりますが、常に前向きな気持ちでがんばっております。この度のご支援に重ねて御礼申し上げますと共に、今後とも引き続きご支援の程よろしくお願い申し上げ取り急ぎの御礼とさせていただきます。本当に有り難うございました」

 

 現在、特に必要とされている支援物資 

(1)脱臭剤/芳香剤/ハエ叩き/蚊取り線香/マスク/

(腐敗した魚肉やガレキの悪臭がひどく、ハエ・蚊が異常発生しています)

(2)洗濯用洗剤/台所用洗剤/箱ティッシュ/トイレットペーパー/石けん/尿取りパッド/タオルケット/シーツ/

(3)米/天然水/乾麺(そば・うどん)/カップラーメン/レトルト食品/真空パック肉類/野菜/各種調味料/缶詰類/栄養ドリンク/お菓子/

(4)下着(男女、新品)/女性用化粧品/生理用品/半袖シャッツ(男女、洗濯済み)/靴下(男女、新品)

(5)以下の物は、献金の積み立てが出来れば、通信販売(アマゾン)で購入し転送する事を考えたいと思います。

扇風機/炊飯器/冷蔵庫/自転車/

 

インターネットのできる方は、個人でも支援できます。

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」のホームページ「http://fumbaro.org/ご活用下さい。また、市民と協働し、岡山のホームページを立ち上げました。

http://fumbaro-okayama.jimdo.com/

 

 6月にお届けした支援先 

岩手県陸前高田市Oさん避難宅/宮城県牡鹿女川町Tさん避難宅/岩手県大船渡市Sさん避難宅/宮城県東松島市Cさん避難宅/福島県南相馬市原町地区避難所/宮城県気仙沼市Sさん避難宅/宮城県石巻市Nさん避難宅/宮城県石巻市Nさん避難宅/宮城県気仙沼市Iさん避難宅/岩手県大船渡市Kさん避難宅/福島県南相馬市Mさん避難宅/岩手県遠野市沿岸部地区支援/宮城県気仙沼市Tさん避難宅/

 5月開始以降、全34箱発送しました。

 

 会 計 報 告 

・総収入額 計8万74355月繰り越し2万1610円、5月献金額6万5825円)

・総支出額 計5万1789(物資購入2万4524円、送料2万6530

円、包装用品735円。なお送料の1回平均は、約1480)7月への

繰り越し 3万5646

 

現在の避難者:岩手県25747人、宮城県25489人、福島県23979人(仮設住宅入居者除く)。3県以外へ、49379人避難(6/15)。

岡山カトリック教会 平和共生委員会

「ふんばろう東日本支援okayama」事務局

 連絡先 090-3858-2741(鈴木實)

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Augustus (月曜日, 23 7月 2012 19:39)

    Very good article i just submitted your website to stumble upon and also i bookmark your website in my pc for future visit

  • #2

    missjeans (月曜日, 05 11月 2012 20:38)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.