物資を送った方からのお礼

職場の方からご協力いただき、物資を発送した方からお礼のお電話やお手紙をいただきましたので、ご報告させていただきます。

 

宮城県仙台市 Oさんよりお電話

(残念ながら出られなかったのですが、留守電に残して下さっていました)

「このたびは、ティッシュボックスや衣類など様々なものをありがとうございました。代表してお礼をいいます。本当にありがとうございます。みなさんでつかわせていただきます。」

 

宮城県石巻市 Aさんよりお手紙

(タオルを発送させていただいた方です)

「このたびは、温かいご支援、誠にありがとうございます。

たくさんの方々のご支援と温かい心遣いに支えられ、

日常の生活に戻ろうと皆で力を合わせて頑張っています。

遠方より応援して下さる方がいることが、何より復興への励みになります。

少しずつかもしれませんが、前へ進めるよう、頑張ります。

本当にありがとうございました!!」

 

宮城県石巻市 Gさんよりお電話

(バスマットを発送させていただきました)

到着早々に「ありがとうございます。使わせていただきます。」とのお電話をいただきました。

 

日々、必死でお暮しの中、このようにご丁寧なお電話やお手紙をくださり、お電話のお元気そうな声や、お手紙の力強い文面に、こちらが勇気づけられたり、人として学ぶものがたくさんあると思いました。

 

お手紙や物資を送ることで、遠く離れていても、見ず知らずの者同士でも、人と人がつながりあい、支えていくことができます。

できることを少しずつでも続け、ともに試練を乗り越えていくことが、支援者にとってもかけがえのないものを得ていくことになると思いました。

 

そしてそれは、物資を送った人送られた人だけの営みではなく、現地で直接窓口を作った人、要望をHPに掲載する人、HPへのお問い合わせに対応する人、そして直接物資を配送する宅急便の人…、たくさんの人で作られているしくみがあってこそ、かなえられるものです。

   

1人の力は小さくても、つながりあうことで、さらに尊いつながり、大きな力になる。

 

どんな支援活動にも、この光があります。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    missjeans (火曜日, 06 11月 2012 05:31)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.